フランスのÀ VIVREに掲載

2011年5月29日発売の、フランスのデザイン雑誌À VIVRESalon du Fromageが掲載されました。

P105からの「GRUYÈRE NIPPON(日本のグリュイエールチーズ)」のページに掲載されています。
グルュイエールチーズは、フランスではグラタンやチーズフォンデュで使われるとてもメジャーなチーズだそうです。
そのチーズと建築を混ぜ合わせて紹介されています。

〈雑誌の詳細情報〉
雑誌名:ARCHITECTURES À VIVRE 60
出版社: À VIVRE
発売日: 2011/5/29
雑誌のサイズ:: 29.4 x 20.8 x 1 cm

〈掲載内容の日本語訳〉
日本のグリュイエールチーズ
建築家堀内功太郎氏は、サロンドフロマージュの中で文字通りグリュイエールチーズのような建物を店内に置かれた様々な備品に至るまで細かく再現している。
美しい曲線美が、フランスの首都の中心部に位置する18世紀の古い建物を包むように佇んでいる。
1階のブティックには350種類ものチーズが並べられている。
2階のレストランでは、ラクレットやチーズフォンデュ等のチーズ料理を嗅覚で楽しめるようになっている。
フランスと日本の建築を混ぜ合わせた、まるで漫画から出てきたような設計が施されている。


〈原文〉
GRUYÈRE NIPPON
Pour le Salon du Fromage, l’architecte Kotaro Horiuchi a choisi la réponse littérale de… l’emmental!
D’ou des luminaires et tables troués.
En plein coeur de la capitale, les 180 mètres carrés tout en courbes de cet immeuble du 18ème siècle sont dédiés à m’emblème gaulois.
Le rez-de-chaussée est consacré à la vente des 350 déclinaisons proposées,
tandis qu’au premier étage se trouve le restaurant ou l’on peut déguster raclette et autres spécialités odoriférantes.
Les aplats et le mobolier blanc immaculé,
également dessiné par l’agence franco-japonaie, unifient ces deux niveaux, ou même ma cuisine semble sortir d’un dessin animé.

LE SALON DU FROMAGE
47 RUE DU RICHELIEU PARIS 1er
T. 01 42 60 78 48

カテゴリー: 未分類   パーマリンク