オランダのFrame Magazineに掲載

2011年3月21日、オランダのウェブサイトFrame MagazineにSalon du Fromageが紹介されました。

Salon du Fromageと併せて事務所の紹介もされています。

〈掲載内容日本語訳〉
18世紀の既存建築物の1階と2階部分に自由に曲面を描くように3次曲面の1枚の壁がこれらの空間を柔らかく包む。
既存建築物内の上下に積層するチーズを売る空間とチーズを食べる空間を貫き、一体的にチーズのカーヴのような空間に変化する。

1階のすごく小さなスペースには、その中でチーズを鑑賞しながら回遊できるように直径・高さが異なる円柱状の冷蔵展示台を350種類のそれぞれのチーズに合わせて点在配置させている。
気になったチーズを実際に手に取って試食したり、自分にあったチーズを見つける。
3次曲面の壁をくぐって階段を上ると、2階にはレストランがある。
キューブ状の各種の機能を持った調理台でオープンキッチンの領域をそれぞれの用途に合わせて自由に作る。
その余白部分に机と椅子を配置し、チーズフォンデュやラクレットなどをそれらに適したワインと共にゆっくりと味わう。
オープンキッチン・レストランはチーズセミナーや料理教室やワイン教室、その他イベントにも対応し使われ方の異なる、
空間にそれぞれの異なった表情を与える。
チーズが入り、人が入ると、空間に賑わいのある色身を与えてくれる。

奥の空間はチーズの熟成庫と共に、従業員用の調理準備や休憩室として、または料理教室などの拡張スペースとしても対応する。

堀内功太郎は、パリ・東京・名古屋に自身の設計事務所をもつ建築家である。

〈原文〉
At a cheese store in the heart of Paris, visitors are confronted by a stark juxtaposition; while 47 Rue de Richelieu features a historic 18th-century exterior, on the inside awaits a minimalistic, monotone and modern shop design.

The Salon du Fromage is a 73 sq m space where curved surfaces meet a stark white interior. On the narrow ground level of the store, cylindrical refrigerated display units are made in different diameters and heights, each storing a variety of the 350 cheeses available.

The space is divided into various sections by white curvilinear walls that flow downwards in wrapping motions, giving guests the feeling they are in a cave of cheese.

All furnishings, including lamps, seating, and tables, have been custom-made and mimic the shape of cheese cubes. In the case of the lights, holes cause particles to reflect throughout the monochromatic space, casting shadows on the otherwise stark white walls.

A staircase leads shoppers to a upper-level restaurant, where an open kitchen area can be seen from cube-shaped tables. Here, customers can participate in wine tastings, classes and cheese seminars.

Architect Kotaro Horiuchi manages firms in Tokyo, Nagoya and Paris.

カテゴリー: 未分類   パーマリンク