オランダのarchelloに掲載

2011年3月23日、オランダのウェブページarchello市原市水と彫刻の丘美術館が掲載されました。

〈掲載内容日本語訳〉
千葉県市原市の湖にほとりに位置する美術館の改築計画。美術館館内へとつながる帯となり人々はその上を回遊する。
薄い細い紐のような帯が既存建築物を取り巻いて展開する。
帯は既存建築物の屋上から地上レベルの庭園、さらに湖の畔ま でを上下レベルを変動させながらつないだり、またその一部は回遊する中で、山を見渡したり、丘を見渡したり、湖を見渡す、 といったように様々な景色が流れていく。
美術館の展示の様子や庭園での戯れ、イベント、カフェの様子をいろいろな角度から見渡す。

〈原文〉
The renovation of the museum in the park near the lake in Ichihara city, Chiba, Japan. Roofs are like if the strings were surrounding the existing build- ing. These strings are connecting the roof of the exiting build- ing, garden on the ground, and the lakeside. Moreover, the parts of them become the spaces to connect outside to inside and visitors can walk around them.
When visitors walk on these strings, they can see many scenes such as mountains, hill, lake and forest. And visitors can see the inside exhibition of the museum, kids playing on the garden, while several events, and people taking a rest in the cafe.

カテゴリー: 未分類   パーマリンク