アメリカのarchitecture listに掲載

2011年1月27日、アメリカのウェブサイトarchitecture listSalon du Fromageが紹介されました。

4つのプロジェクトをまとめて掲載して頂きました。

〈掲載内容日本語訳〉
1, Salon du Fromage
18世紀の既存建築物の1階と2階部分に自由に曲面を描くように3次曲面の1枚の壁がこれらの空間を柔らかく包む。
既存建築物内の上下に積層するチーズを売る空間とチーズを食べる空間を貫き、一体的にチーズのカーヴのような空間に変化する。

1階のすごく小さなスペースには、その中でチーズを鑑賞しながら回遊できるように直径・高さが異なる円柱状の冷蔵展示台を350種類のそれぞれのチーズに合わせて点在配置させている。
気になったチーズを実際に手に取って試食したり、自分にあったチーズを見つける。
3次曲面の壁をくぐって階段を上ると、2階にはレストランがある。
キューブ状の各種の機能を持った調理台でオープンキッチンの領域をそれぞれの用途に合わせて自由に作る。
その余白部分に机と椅子を配置し、チーズフォンデュやラクレットなどをそれらに適したワインと共にゆっくりと味わう。
オープンキッチン・レストランはチーズセミナーや料理教室やワイン教室、その他イベントにも対応し使われ方の異なる、
空間にそれぞれの異なった表情を与える。
チーズが入り、人が入ると、空間に賑わいのある色身を与えてくれる。

奥の空間はチーズの熟成庫と共に、従業員用の調理準備や休憩室として、または料理教室などの拡張スペースとしても対応する。

2. chaise pliante
Salon du Fromage HISADA のためにデザインした椅子。
紙を簡単に折り曲げて出来た模型のように、厚さ3mmの45cmの正方形4枚を直角に折っていった椅子。強度はガラス繊維を使うことで保っている。

3. table pliante
Salon du Fromage HISADA のためにデザインしたテーブル。
紙を簡単に折り曲げて出来た模型のように、厚さ3mmの75cmの正方形3枚を直角に折っていったテーブル。強度はガラス繊維を使うことで保っている。テーブルの天板にはいくつかの大きさの異なる穴をあけ、それぞれのグラスの大きさに合った穴に入れたり、植栽などを入れたり、チーズフォンデュやラクレットのコンロの配線などを穴から下へ落としたりする。

4. lumière coupée
Salon du Fromage HISADA のためにデザインした照明。
キューブ状の照明によって創り出された薄い影を、いくつかの大きさの異なる円で切り抜いて、そこから漏れる様々な丸い光によって、その薄い影を削って、影自体を調整する。いくつかの照明で創り出された影の集積は、影の濃度を濃くしたり薄くしたりと変化をつけ、それを切り取る幾十もの円で影を多様に操作する。厚さ6mmのコーリアンを熱で溶かして折り曲げ溶接していくので、光に照らされると、乳白色の透明さを保ちながら、奇麗なつなぎ目のないエッジをつくり、つくり出される影にも反映される。

掲載内容は以下の通りです。
1. salon du fromage
A wall with curved surfaces was designed to softly wrap around the space on the ground and 1st floor of the existing building of the 18th century.
Pierce this wall of the space for sell the cheese on ground floor and the space for eat the cheese on the 1st floor in the existing building, it integrally changes to the space like the cave of the cheese.

In the very narrow space of the ground floor, refrigerated display units with different diameter and heights cylindrical, according to each 350 cheese, are placed like customers can walk around to appreciate cheese in this space. Customers select and taste anxious cheese and they can find and savor them in the space. Pass through a wall with curved surfaces and go up the stairs, there is a restaurant on 1st floor. Freely create open kitchen area to suit various application by various cube kitchen table.

The space is furnished with tables and chairs in remaining portion of open kitchen area and customers can select wines while enjoying a raclette or a cheese fondue. The restaurant with an open kitchen has been design to host various events such as cheese seminars, wine classes or cooking classes, then give each different expression for the space.Into the cheese and people, they give crowded space. In the back space with cheese ripening space also support as cooking preparation space and break space for employees, and expansion space of cooking class.

2. chaise pliante
The chair was designed for the “Salon du Fromage”. This may look generic but it is exclusive, one off chair which is extremely thin and delicate, such as simple bent paper. This delicate chair came to the creation by using a glass fiber.

3. table pliante
The table was designed for the “Salon du Fromage”. This may look generic but it is exclusive, one off table which is extremely thin and delicate, such as simple bent paper. This delicate table came to the creation by using a glass fiber. There are holes with different sizes on the plate of table which can be utilized to put things like a wine glass and plante by size .

4. lumière coupée
The lighting was designed for the “Salon du Fromage”. A cube is hollowed out by several-sized circles, and the particles of light shine on surrounding. When several lighting are used, the particles of light lapped over make spaces changing dramatically. The corian used as material realizes the form without joints. When light is turned on, this white milk – surface changes. It feels of a material and aspect.

カテゴリー: 未分類   パーマリンク