イラクのد. عماد هاني العلافに掲載

2010年12月15日、イラクのウェブサイトdesignboom台北ポップミュージックセンターが紹介されました。

〈掲載内容日本語訳〉
台北の再開発地区の美しく細長い敷地を アジアの新しい音楽拠点とする。
それは、ひとつひとつの文化を持つ異なった機能を ひとつひとつに集まる異なる文化を持つ人々が行き来し、
新しい交流の場をつくりだす。 それぞれの塔が連鎖し、共鳴し合う時、そこには新たな音楽文化の繋がりとなる基盤が生まれ、
そして周囲を取り込みながら、台湾音楽文化に「ARASHI(嵐)」を巻き起こすきっかけとなる。

kotaro horiuchi has proposed an architectural design called ‘arashi’ for the new
pop music center in taipei competition. the structure has been designed with
‘functional towers’ that are connected by public zones. the principal towers
comprise of different areas such as an outdoor auditorium, live house for audio
recording and rehearsals, offices, library and exhibition.
a skin of aluminum tubes will be covering the wall and roof. this material will allow passing
draft to enter the building and, thus, reduce air conditioning costs during summer heat. in fact,
the skin will keep the temperature of the interior 2-10° c lower. as the wall tubes are light
and air permeable, the boundaries between the interior and exterior are blurred.

カテゴリー: 未分類   パーマリンク