タイのB1-magazineに掲載

2010年4月20日発売の、タイのデザイン雑誌B1-magazine台北ポップミュージックセンターが紹介されました。

P105から2ページに渡って掲載されています。
片面1ページに大きくイメージ画像を紹介して頂いています。

〈雑誌の詳細情報〉
雑誌名:B1-magazine issue 31
出版社: Be The Best
発売日: 2010/4/20
雑誌のサイズ:: 29.4 x 20.8 x 1 cm

〈掲載内容日本語訳〉
デザイン:堀内功太郎建築設計事務所
主要用途:音楽施設
所在地:台北市南港地区
敷地面積:76,500 m2
建築面積:19,100 m2
延床面積:48,520 m2
階数:地上 5 階,地下 3 階
設計期間:2009年9月〜2009年10月
躯体:スチールフレーム
総工費:US $106.000.000
主な仕上げ材料:
外装:アルミニウム
内装:床/AEP plastering
   壁/プラスターボード
   天井/構造用合板

台北の再開発地区の美しく細長い敷地を アジアの新しい音楽拠点とする。
それは、ひとつひとつの文化を持つ異なった機能を ひとつひとつに集まる異なる文化を持つ人々が行き来し、 新しい交流の場をつくりだす。
それぞれの塔が連鎖し、共鳴し合う時、そこには新た な音楽文化の繋がりとなる基盤が生まれ、そして周囲 を取り込みながら、
台湾音楽文化に「ARASHI(嵐)」 を巻き起こすきっかけとなる。


〈原文〉
architect : kotaro horiuchi architecture
program : music center
location : Nangang, Taipei, Taiwan
plot area : 76,500 m2
built area : 19,100 m2
built floor area total : 48,520 m2
floors : 8 floors
design period : 09.2009 – 10.2009
structure : steel frame
budget : US $106.000.000
materials :
exterior : aluminium
interior : floor / AEP plastering
wall / plasterboad
celling / structural plywood

At a slender site placed in the redeveloped area in Taipei,a new hub of Asian music center is projected.
istributing to each culture to the each of the functions, gathering each visitor into each of the cultures, it will be new place to communicate.
a basement of connected new musical cultures will be ap- peared.
Mixing up the surroundings into the relationship, the basement will draw ARASHI in the culture of Taiwan music.

カテゴリー: 未分類   パーマリンク