イタリアのdesignboomに掲載

2010年2月16日、イタリアのウェブサイトdesignboom名古屋葬儀場が紹介されました。

〈掲載内容日本語訳〉
堀内功太郎建築設計事務所では、日本の名古屋市の葬儀場を設計している。
構造は、鉄筋コンクリートで二つの墓石(ブロック)で構成されている。
重みのある石と多くの穴がファサードとなる。
これらの穴は、内部に光と影を落とし、また時間によってその表情を変化させる。

所在地:日本・名古屋
主要用途:葬儀場
延床面積:600 m2
延床面積:1,200 m2

〈原文〉
kotaro horiuchi architecture has designed a funeral hall set along a busy street in nagoya, japan.
the structure is made from reinforced concrete and consists of two blocks or ‘headstones’
positioned on top of one another, with a cantilevered second floor. the facade is composed
of heavy stones and aluminum which has many holes in which light can filter through the building.
these perforations in the exterior skin cast shadows during daylight within the interior,
changing as time goes by.

location : Aichi, Japan
program : funeral hall
plot area : 1,200 m2
built area : 600 m2

カテゴリー: 未分類   パーマリンク